CHECK

世界でも評価の高いノルウェーの教育システム!日本との違いなどの基本情報を紹介

7・3・3制のシステムをとっています。
その年に満6歳となる児童が、8月中旬から始まる新学期に入学します。
生活の中ではノルウェー語を使用しますが、入学してすぐに英語教育も始まります。
会話中心で文法や単語などは細かく学ばず、耳から慣らすスタイルです。
小学校から大学まで公立であれば学費は無料です。
また日本のように高校受験や大学受験はなく、その直前の学校の成績をもとに合否が決まります。
大学は単位を取って卒業することが難しいので、中退者が多くなっています。

世界でも評価の高いノルウェーの教育システム!日本との違いなどの基本情報を紹介

ノルウェーの初等教育では2学期制で1クラス25人程度、担任だけでなくアシスタントの支援員の先生もいます。
朝8時ころから午後1時すぎまで授業があり、学童保育に行ったり課外活動をやったりして過ごします。
前期中等教育でも午後2時ころには授業が終わります。
地域のスポーツチームに参加したり、友達と過ごしたりします。
中学校で初めて通知表が始まります。
また中学校2年生から第2外国語も学びます。
スペイン語、フランス語、ドイツ語などから選びます。
ノルウェーは公立が授業料無料を基本とし義務教育では脅威箇所貸与、入試なし、言語に力を入れているところが大きなポイントです。

人間開発指数が高いノルウェーの教育

ノルウェーの教育は、日本だけでなく世界中で注目を集めています。
HDIとも呼ばれる人間開発指数では、ノルウェーが最上位です。
人間開発指数は、健康や所得など様々な視点から国のレベルを測る指標です。
ノルウェーの教育システムには様々な特徴があり、1歳から2歳までの児童を保育園に預けない家庭には国から現金が支給されます。
高校を卒業すると約半数の学生は大学に通いますが、他の学生は職業訓練校に進学して専門スキルを学びます。
公立学校は大学でも授業料が無料なので、大学で学びたい人は誰でも進学できます。
ノルウェーは個人が尊重される国で、子供の学力は世界でもトップクラスです。
生徒は自分のために学ぶため勉強に対するモチベーションを維持しやすく、質の高い教師が指導しています。
保育制度が充実しているので、母親の仕事に関係なく誰でも保育園に入れます。
インターネット環境や学習環境が良く、日本の学校に比べるとテストや宿題も少ないです。

ノルウェーの教育では小学校が7年間

ノルウェーは教育にかなり力を入れている国として有名なので、参考になることが多くあります。
小学校は以前は日本と同じように6年間でしたが、1年早めて6歳から7年間に変わりました。
英語学習も1年生からスタートして、文法や単語などは細かく学習しないで耳から慣らす方法を採用しています。
これは日本とは逆です。
日本の英語学習は文法や単語などに多くの時間を使っているので、耳から慣らすスタイルは導入してみる価値があります。
1年生は5歳から6歳なので宿題がしっかりできるか不安に感じるかもしれませんが、ノルウェーでは授業が終わってから宿題のサポートをする時間が設けられています。
この時間は授業とは別なので、宿題のサポートが必要な人だけの自由参加です。
どの生徒も授業に付いてこられるようにするために行われているみたいです。
日本でも学校の先生ではなくボランティアでも構わないので、宿題のサポートをする仕組みを作ることができれば子供たちにとって良いと思われます。

ノルウェーの義務教育は日本と同じ中学校まで

教育にかなり力を入れているノルウェーのことを知りたい方が多くいると思われます。
義務教育は日本と同じ中学校までになりますが、年数が異なります。
小学校の入学が6歳からになったことで7年間となり、中学まで10年間受けるシステムです。
ノルウェーが小学校から大学まで公立であれば無料で受けることができる点も魅力です。
外国籍でも3カ月以上の滞在していれば問題ないです。
中学までは無料の国はありますが、高校や大学も無料で受けさせてもらえるのは高く評価できます。
これは税金で取られる割合が多く、それを国の将来を支えていく子供のために使おうとする考えがあるからです。
日本で大学まで無料にするとなると、消費税などでかなり増税をしていかないと対応することができないのが現状です。
それを国民が認めてくれるのかといったら、給料が全然上がらない現状からみて高いハードルがあることは間違いありません。
子供のためにお金を使う意識改革が必要です。

ノルウェーの教育は8月から始まる2学期制

ノルウェーの学校教育における学期は基本は8月中旬から始まり、翌年1月の上旬〜中旬で前期・後期が区切られ、6月下旬に年度が終了する2学期制システムとなっています。
最初の8月から始まって、秋休み1週間を挟み、クリスマス休みまでの学期を「秋学期」、正月明けの1月から冬休み1週間とイースターのお休み期間を挟んだ6月中旬までを「春学期」としてノルウェーでは区分しているようです。
夏休みは6月中旬から8月中旬までの約2ヶ月のあいだで、公立学校だと宿題が無いこともあるというのも日本との違いです。
とはいえ、ノルウェーは公教育費用を国が負担してくれることもあってか、子供の勉強に対して熱心に協力する親御さんや能動的なカリキュラム構成の学校が多い故に、課題の有無で子供が意欲を失うことはあまり無い様子です。
休みの過ごし方としては、寒い国ですから、お休みの期間はスキーをして楽しんだり、イースターのお祝いをしたりするそうです。

ノルウェー,教育に関する情報サイト
ノルウェーの教育システムを紹介!

7・3・3制のシステムをとっています。
その年に満6歳となる児童が、8月中旬から始まる新学期に入学します。
生活の中ではノルウェー語を使用しますが、入学してすぐに英語教育も始まります。
会話中心で文法や単語などは細かく学ばず、耳から慣らすスタイルです。
小学校から大学まで公立であれば学費は無料です。
また日本のように高校受験や大学受験はなく、その直前の学校の成績をもとに合否が決まります。
大学は単位を取って卒業することが難しいので、中退者が多くなっています。

Search